1.はじめに

2050年カーボンニュートラル、2025年の省エネ基準義務化と徐々に省エネ基準(断熱基準)のUa値(外皮平均熱貫流率)が厳しくなっていくものと考えまておりますが、2022年4月には、従来の断熱基準の最高ランク4から断熱等級5の基準が設定され、同年10月からは更に断熱等級6・7の基準が設定され、即日施行されました。

どうして断熱基準が強化されていくのでしょうか?もちろん2050年のカーボンニュートラルと言う大目標もありますが、健康で快適な生活ができ、更に長寿命が得られる生活を送るためには、人生の大半を過ごす自宅(住宅)に起因する事が色々な研究結果から読み取れるようになりました。

山形県酒田市・鶴岡市で生活をするあなた!近年の冬の寒さも、断熱基準の優れた住宅を選択する一因かもしれませんね。と言いますのは最近特に断熱リノベーション工事、リフォーム工事の増加からも分かります。

クリエイト住宅では、快適で省エネな健康生活を送るためには、5地域(旧酒田市)ではHEAT20G1グレード(Ua値=0.46w/m2・k)以上の断熱性能住宅を推奨しております。

数年前から山形県では、冬期間の浴室における脳卒中や心筋梗塞で倒れる方、特に高齢者に多かった原因は、浴室の室温が、外気温と殆ど同じ状態の冷たい、浴室の寒さで冷え切った身体を、温められた暖かい浴槽に身体を沈めると急激に心臓や血管に負担が掛かり事故に繋がる事から、全館暖かい家新築一戸建てにしなければいけないと考え、全国に先駆けて、以下の表に示しているような「やまがた健康住宅基準」を作成し、断熱基準をクリアする優良住宅には山形県独自の補助金で啓蒙に努めております。

先にも述べさせて頂きましたが、2022年4月と10月に、国の断熱基準が大きく変わりました。断熱等級が従来の最高等級4の上に、更に5・6・7と超高断熱等級が追加されましたUa値の値もHEAT20のG1グレード、G2グレード、G3グレードに匹敵するようなUa値になっております。必然的にやまがた健康住宅基準のUa値も断熱等級のどのランクになるのかが理解できるようになりました。

以下、「断熱水準別、外皮平均熱貫流率(Ua値)、熱損失係数(Q値)基準」及び「やまがた健康住宅基準」ご参照下さい

2.断熱水準別、外皮平均熱貫流率(Ua値)、熱損失係数(Q値)とクリエイト住宅の住宅グレード!

外皮平均熱貫流率Ua値 [ w/m²・k]

上記の表から、クリエイト住宅の「KDの家」「KDの家プレミアム」「FPの家」「北海道仕様”安らぎの家”」がHEAT20のG1グレード以上の断熱性能の家である事が分かります。更に性能を上げたいとお考えの方は床・壁・天井よりも熱の逃げて行く割合の大きい開口部(玄関ドア、窓)のランクを上げてトリプルガラスを使用した樹脂サッシをお勧めいたします。

3.やまがた健康住宅基準(酒田市・鶴岡市)

対象住宅

「新築住宅」及び「断熱改修を全体的に行う既存住宅」

やまがた健康住宅基準

やまがた健康住宅基準は、外皮平均熱貫流率(UA値)と隙間相当面積(C値)という指標により、3段階のレベルを設定しています。

※令和4年4月1日より、UA値(Ⅰ(★★★)のみ)及びC値の基準が改正されました。

レベル 外皮平均熱貫流率(UA値) 隙間相当面積(C値)
Ⅰ(★★★) 3地域 0.20W/㎡K以下 1.0cm2/㎡以下
4地域 0.23W/㎡K以下
5地域 0.23W/㎡K以下
Ⅱ(★★) 3地域 0.28W/㎡K以下
4地域 0.34W/㎡K以下
5地域 0.34W/㎡K以下
Ⅲ(★) 3地域 0.38W/㎡K以下
4地域 0.46W/㎡K以下
5地域 0.48W/㎡K以下

やまがた健康住宅の性能等基準(令和4年4月1日~)

*やまがた健康住宅基準の隙間相当面積(C値=㎝²/m²)の値は1.0㎝²/m²以下となっておりますが、クリエイト住宅では、全棟気密測定を標準としております。(但し「KDの家」「KDの家プレミアム」は別途測定費用を頂戴しております)そのレベルは0.7cm²/m²以下が基準となります。クリエイト住宅の平均C値(cm²/m²)は0.3です。

4.まとめ

如何でしたでしょうか?

「やまがた健康住宅基準」国の基準に比べると外皮平均熱貫流率(Ua値=w/m²・k)の基準値は、結構高いレベルの性能値(Ua値)である事が解ります。

話は変わりますが、国交省では、2022年4月から品確法による住宅性能表示制度の省エネ基準(断熱基準)現在の最高等級4の上に、等級5を設け、更に2022年10月から等級6,7を設けて施行しております。

やまがた健康住宅基準のUa値が新断熱基準のどのレベルに相当するかは上記の表からお分かりいただけたかと思います。エネルギー削減目標を達成するためには、住宅部門でも早急に取り組んで行かなければなりませんし、省エネ住宅の推進がより一層強く求められて来るものと推測できます。

2025年には、省エネ基準の義務化が待っております。その時点で後悔しないように、新築・リノベーション・リフォーム工事をお考えのあなた!今の時点から断熱等級6・7を目指して考えていくべきだと思いませんか?私たちもその啓蒙をしっかりと行っていかなければならないと考えております。

HEAT20(heat20)のグレードも、G1グレード、G2グレードに加えG3グレードの導入がされました。

時代に乗り遅れないためにも、現在、新築の暖かい家の注文住宅をお考えのあなた!

リフォーム工事・リノベーション工事をお考えのあなた!

イニシャルコストだけで判断しないで下さい。

長いスパンでのランニングコストも同時に加味して検討しませんと、「安物買いの銭失い」にならないとも限りません。十分にに気を付けてご検討して下さい。

失敗しないように正しい判断をなさってください。

あなたの住宅創り(暖かい家の新築の注文住宅・リフォーム工事・リノベーション工事)が成功する事を祈念しております。