省エネ住宅とは?

省エネ住宅を一口で申し上げますと、オール電化で「電気料が安く」、「全館温度差が少なく」、「住み心地が良い住宅」を言います。

どれ一つ欠けても省エネ住宅とは、呼べないと思うのですが如何でしょうか?

省エネ住宅ポイント

省エネ住宅を創るポイントは特に重要な4つのポイントがあります。

1.外皮平均熱貫流率(Ua値)の値が小さい住宅を創る。

(いわゆる断熱性能の高レベルの家を創る事です)

具体的には、床、壁(4面)、天井の6面に入れる「断熱材の熱伝導率の小さい」

ものを厚く入れる事です。

2.断熱と表裏一体ですが、気密のレベルが高い家です。

風の影響を受けにくい気密レベルは、千葉工大の小峯教授が論文を発表した

0.7w/m²・k以下にする事です。

3.効率の良い換気システムを選択する事です。

換気システムの選択は非常に重要ですが、お客様の大半は量産ハウスメーカーの営業マンの言うなりになっている方が殆どです。

4.住宅の性能の合った暖冷房設備の設計が出来ている事です。

・省エネ住宅の仕様

「断熱材の入れ方」

省エネ住宅の仕様については、外皮(床、壁4面、天井の6面及び玄関、窓等の開口部)熱貫流率を小さくする為には、熱伝導率の小さい値の断熱材を床、壁、天井の6面体に入れる事と玄関、窓等の開口部に熱の逃げ難い、所謂熱貫流率の小さい玄関戸、窓等を入れる事です。

尚、上記断熱材、開口部材を入れるときは、気密に細心の注意を払いながら施工する事が大事です。

「開口部のレベル」

又玄関戸(引き違い、ドア)にも熱貫流率のレベルがありますから、注意が必要です。熱貫流率の小さい玄関戸を選択する事が大事です。

又、窓等の開口部には樹脂サッシがペアガラスを使用しているものであれば、空気層が16mmのものを選ぶ方が良いでしょう。トリプルガラスを使用している樹脂サッシも出てきておりますので、更なる省エネ住宅を目指すのであれば、トリプルガラスの樹脂サッシを選択すべきと存じます。

更に上記ガラスには、高断熱ガラスと日射取得ガラスがありますので、ペアガラスの場合には地域によってどちらを選択するかを考慮すべきだと思います。トリプルガラスの場合には内側に高断熱ガラス、外側に日射取得ガラスが標準的にセットされております。

・省エネ住宅の性能は計算できるの?

前にも述べさせて頂きましたが、省エネ住宅の性能計算は出来ます。

先ず第一に外皮平均熱貫流率等の計算を行い、そのデータを基に一次エネルギー計算を行います。

その結果、建築物エネルギー消費性能基準(H28年4月以降)一次エネルギー消費量計算結果として出て参ります。

その結果、8地域毎に区分された地域で設計した建物が、基準一次エネルギーに対して設計一次エネルギーがどう言う値になっているのかを、暖房設備、冷房設備、換気設備、給湯設備、照明設備、その他の設備毎にエネルギー計算結果が出て参ります。

その結果で、基準一次エネルギー消費量に対して当該設計建物の設計一次エネルギー消費量がどの位削減できている建物であるかが計算できます。

削減率の値(%)が大きい方が省エネルギー住宅のレベルが高いと言う事が分かります。

・補助金がもらえる(性能の良い家限定=Ua値が一定基準以下の場合)

難しい話が続いておりますが、これからの住宅は必然的に、省エネルギー住宅でないと建てられなくなっていくのはお解り頂けた事と思います。

2021年4月には、建築士が建て主に設計させて頂いた建物の性能レベルを報告する事が義務化されます。

その流れは間違いなく進んでいくものと思います、

更に、国の方では、未来の省エネ基準として、HEAT20のG1グレード、G2グレードを学識経験者等を交えて検討しておりますし、ここに来て更にレベルの高いG3グレードも検討段階に入っております。

そこで高レベルの省エネルギー住宅の建築促進の為に、国では、補助金を出しておりますので、詳しい事をお聞きになりたい方は、どうぞご遠慮なくお問い合わせ下さい。

お問合せはこちらからお願いいたします。

省エネ住宅が義務化されます

建築物省エネ法は本年(2019年5月17日)5月に施行されております。

その法律によると、2020年4月から建築物省エネ法(以下省エネ法と言う)に基づいて、Ua値(外皮平均熱貫流率が全国8地域毎に定められている)が、その地域の値をクリアしないと、住宅は建築出来ないという事が、義務化される予定でした。

しかしながら、国交省は、未だその時期には至っていないという事で、2021年4月より、建築主に対し、住宅を設計した建築士が省エネ法に則り、性能レベルがどのレベルであるかを「伝える事が義務化」される事になりました。

その内容は、省エネ法に適合しない建物は、適合する為にはどうしなければいけないかを建築士が建て主に提示し、予算も含めて報告する事が義務化されました。

具体的には、地域毎の性能基準(Ua値)を充たすためには、「断熱材、窓、玄関等の開口部その他をこのように変更すると、これ位の価格になります」と建築士が建て主に言わなければならなくなった。と言う事です。

当然、そう言われた建て主は、「性能基準を充たさないままで良いよ」と言うでしょうか?

恐らく言わない方が大半だと推測できます。

以上から、国交省は「若干トーンダウンしたのかな?」と思っていた私には、「当初のUa値をクリア出来ない建築物(300m²以下の住宅)は、建築出来ないという事と、そんなに変わりは無いのでは?」と思っております。

良い家を提供している私達には、若干のタイムラグはあっても、先ず先ずお客様にとっては良かったかなと思っておりますし、地球温暖化対策として2030年迄にCO²削減率26%を達成するためにも良かったかなと思っております。

更に詳しく性能の良い家を選択するには、

高気密・高断熱住宅12のチェックポイントをご参照下さい。

許可がないと建築できない?!「確認申請書」

建物を建築する場合には、その建物が建築基準法、その他関連法に違反する事無く建てられるのか否かを、所管の役所及び国より指定を受けた指定機関に、確認申請書を提出し、チェックを受けて、OKを頂かないと建築出来ないわけです。

当然、確認申請は建築士が行いますので、省エネ法に則り、報告したか否か、適合してなかったら、建て主に適合する為に、これだけの予算で工事をすれば適合する旨を報告したか否かも、確認申請書に記載する事が条件になります。

以上の事から、建物を新築しようとしている建築主は、果たして、自分だけ性能の良くない建物を建てる事を承諾するでしょうか?

現在のUa値は最低限の値です。

更の性能を良くした建物を未来にに引き継ぐために、国では学識経験者等を交えて、次世代の省エネ基準として「HEAT20」をも検討しております。

「省エネ」で「住み心地の良い家」「快適空間」を求めていくならば、Ua値の値を小さくしていく事(断熱、気密、換気のレベルをアップする)が常識的には考えられると思います。

■光熱費 平均 住宅

性能が良い家、即ち断熱、気密、換気の良い家は、「全館の温度差も少なく」、「住み心地も良く」なります。更に、省エネで「電気料が安く」光熱費が少なくなり、年金生活をしているシルバー世帯のみならず、一般家庭でも省エネは近々の課題と言っても過言ではないでしょう。

高気密・高断熱で高性能住宅のオール電化での電気料は,こちらからご参照下さい。          【お客様との光熱費(電気料、ガス代、灯油代等全て含める)との比較をしてみて下さい】

↓   ↓    ↓

オール電化住宅の電気料の実績値です

電気料が安い!

■省エネ 住宅 基準(Ua値←基準値 外皮平均熱貫流率)

省エネ法の性能基準を表す数値が外皮平均熱貫流率(Ua値)で表す事は前にも述べさせて頂きましたが、国では北海道から九州・沖縄まで全国を8地域に分類しております。

分類された8地域毎には、「年間日射地域区分」及び「暖房期日射地域区分」が定めれております。

その中で、建築しようとする建物の外皮平均熱貫流率等を計算し、更にその値を基に1次エネルギー計算を行い、建物のエネルギー削減率を計算いたします。

削減率が大きい建物程、省エネルギーな住宅であるという事が解るわけです。

詳しい事につきましては、建築環境・省エネルギー機構(IBEC)の下記ページをご参照下さい。

↓   ↓   ↓

法律:建築物省エネ法とはの詳細について?

 

■光熱費 住宅メーカー

省エネ住宅の優劣を判断するのに、何が一番良いかという事になると、切り口は色々あるとは思います。

今回は毎日生活する上で、生活に一番密接に関わってくる「光熱費」を切り口に、お話しした方が理解して頂けると思い、これについて話を進めていきたいと思います。

私は、高気密・高断熱住宅を作り始めて26年目ですが、最近の出来事としてチョット触れておきたい事がありますので、少しの間、お話しさせて頂きます。

それは、今年の冬の話です。

10年越しに弊社の構造見学会、完成内覧会にお出で頂いたお客様が実際に観て、体感した事と、私共も一緒に、その方の親戚だというお宅にお邪魔させて頂き、体感した事をお話しさせて頂きますです。(それは皆様も真実驚くような事ですが事実です)

1つは「高気密・高断熱住宅」で「暖かい家」ですよと謳い、結構地元で設計力を前面に出して受注している某地場ビルダーと呼ばれている会社の建物です。

建てて住んで覧たけれど、54坪の家にエアコン6台では、電気料が掛かりすぎるので、3台しか稼働させてませんと言う事でした。

エアコンがついている部屋以外は寒かったです。玄関に入ったとたん寒くて早く帰りたいと思った程の家。(私共も一緒に体感しました)

2つ目には、某量産ハウスメーカーで建築した家のお話です。

これは、お客様の奥様が職場で同僚だった方のお宅です。昨年10月に完成した家です。「家を建てるのであれば、いつでも見に来て参考にして下さい」と言われて、お言葉に甘えて、真冬の2月にお邪魔させて頂いたそうです。

前触れでは、「床暖房もしている」ので、「快適ですよ」というお話しだったそうですが、玄関に入ると、余りにも外気の気温と変わりなくて、コートを脱ぐのをためらったそうです。

お住みなっている方は、以前お住まいになっていた住宅よりは、暖かくなっているので、満足しているのでしょうか?

「全館温度差が殆どなく」「住み心地の良い快適住空間」を提供している業者、メーカーがある事に気が付いていないのだと思います。

手前味噌にはなってしまいますが、私共は26年前から終始一貫、「暖かい家」で「省エネ」の住宅を創り続けて参りました。

住んでのご感想は下記の「お客様の声」をご参照下さい。

その他にもお客様の声をご参照下さい。

又、そのような住宅を創るためには、どのようにしたら出来るのかは下記の「商品の紹介」ページをご覧頂きますと詳細が把握出来ますのでご参照下さい。

北海道仕様「安らぎの家」、KDの家、FPの家の詳細は下記よりご覧下さい。

↓   ↓   ↓

【北海道仕様「安らぎの家」】

【KDの家】、【FPの家】

 

【まとめ】

如何だったでしょうか?

省エネルギー住宅の義務化は刻一刻と迫ってきております。2012年4月からだからまだ時間があるよと考えていらっしゃる方も少なくはないでしょう。

果たして荘でしょうか?

もう時代は、省エネでCO²の排出が少なくて、電気料が安く、全館温度差もない、住み心地の良い省エネ住宅の時代なのです。

冬は暖かく夏は涼しく過ごせる快適な住宅を手に入れる事が出来る時代なのです。

しかしながら、まだまだそういう住宅を良心的にご提供している業者は少ないのが残念でなりません。

省エネルギー住宅の素晴らしさ、良さは解って頂けましたでしょうか?

高気密・高断熱で省エネルギー住宅の間違いないご選択が出来ますでしょうか?

もしかして、イマイチ理解できないという方がおりましたら、電話相談、メール相談も行っておりますので、お声を掛けて頂ければ幸いです。

そして、あなたが省エネルギー住宅の義務化の前にそれに合致した、又それ以上の住宅を選ばれて、「電気料が安く」「全館温度差が少なく」「快適で住み心地の良い住宅」を手に入れ生活できますよう望んでおります。

ご相談は下記からお願いいたします。お気軽にどうぞ!!!

↓   ↓   ↓

電話相談、メール相談ははこちらからどうぞ!

以  上