最近、特に量産ハウスメーカーや、地元ビルダーの間で、さも第1種換気システムが一番良い換気システムのように言って、受注を獲得しているようですが、何を根拠に第一種換気システムが一番ですと言えるのでしょうか?

そこで、山形県で注文住宅を建築する時に、正しい換気システム選びに迷っているあなたに、少しでもお力になれるのであればと思い、第1種換気システムと第3種換気システムとの比較、解説をし、間違いの無い換気システムをご選択頂ければ、と考え筆を執らせて頂きました。

換気システムの種類と概要

山形県の注文住宅に於ける機械換気システムについては、ご承知の通り、以下に述べさせて頂くように

3通りのシステムがあります。

今、住宅の換気システムでは一番良いと、量産ハウスメーカーや地元ビルだーが話をし、受注している第1種換気システム、それに第2種換気システムと第3種換気システムがあります。

第2種換気システムは、給気を機械で、必要新鮮空気を強制的に送り込み、トコロテン方式で室内の汚れた空気を押し出してやる方式ですが、実際、一部業者しか使用しておりませんので、割愛させて頂きます。

そこで、問題になりますのが、山形県で注文住宅に使用する換気システムで、第1種換気システムが、果たして第3種換気システムよりも、優れているのかの検証をしなければなりません。

まず最初に、簡単にそれぞれの仕組みを述べさせて頂きますと、第1種換気ステムは給気、排気共に機械で行います。第3種換気システムは排気を機械で行う方法です。
以上のように給気、排気を機械でどのように行うかで分類されております。

換気システムの仕組み

話は変わりますが、気圧、温度、湿度は高い方から低い方に流れる事は、ご承知の事と存じます。

そこで、山形県の注文住宅の換気システムは、気圧差、温度差を利用して、システムを構築しております。

現場で施工される換気システムは、躯体の気密性能レベル(施工の善し悪し)に影響されます・・・。

風量測定側:第1種換気システムVS第3種換気システム

北欧住宅研究所の川本清司氏が、山形県の注文住宅で第1種換気システムと第3種換気システムを、それぞれ設置した住宅の風量を、北海道で実際測定されております。

その結果を、論文にし、単行本として発表されておりますので、その一部をご紹介させて頂きます。

*側定結果実例

まとめ:結論

結論から申し上げますと、皆様方は心外に思われたかもしれませんが、山形県の注文住宅の換気システムは気密レベルにも因りますが、第3種換気システムは、漏気量がほとんど無く、第1種換気システムより優れているように考えられます。

皆様は如何でしたでしょうか?

第1種換気システムと、第3種換気システムの違いが、ご理解頂けましたでしょうか?

更に付け加えさせて頂ければイニシャルコスト、ランニングコスト共に第3種換気システムの方が安いですし、設計通りの換気量を得る事が出来る事は、先の実例より読み取ることが出来ます。

又第3種換気システムはシステムそのものが、シンプルでメンテナンスも楽に出来るようです。

詳細につきましては、技術的なお話にもなってしまいますので、割愛させて頂きます。

詳細についてのお問い合わせは?

もし詳しく話をしてみたい、聞いてみたいと思われる方は、実際にお目にかかって詳しく技術的な事も含めてお話しさせて頂きます。

下記のメールアドレスにお名前、住所、とご連絡先のメールアドレスか電話番号をお書きになって、ご送信ください。

当方の予定に合わせて頂く事にはなりますが、よろしくご了承頂きますよう、お願い申し上げます。
●お申し込みはこちら

●換気を含めた、正しい高気密高断熱住宅の事を、詳しくお知りになりたい方は?、

●小さくても良い住宅を提供しようと日夜努力している工務店サイトは?

●お問い合わせは?

●資料請求は?

以上