【本物の暖かい家】とはどんな家かをご存じでしたか?

最近の傾向として、量産ハウスメーカーを始め、地場ビルダーでも、実際はともかく、皆「冬暖かく、夏涼しい住宅を提供しております」等々と唱っております。

展示場に出向き、その暖かさ、涼しさを確認しようとすると、夏、冬共に冷暖房器(エアコン等)が各部屋に設置してありますので、謳い文句の通りです。

中には床暖房を追加して、寒い機関が6ヶ月位もある山形県-酒田市-鶴岡市の庄内地方では、この暖房システムが最適ですよ!と、さも床暖房システムが暖房機器の中では一番のシステムのような売り方をしている量産ハウスメーカーもあるようです。

要は、夏は涼しく、冬は暖かくした展示場を見せるために、あらゆる冷暖房機器を設置して、涼しく、暖かくしているだけなのです。気密力・断熱力もそこには存在しません。全館が暖かく、涼しくなれば良いだけなのです。

TVを始めマスメディアを利用し、カタログは豪華な冊子で飾り、売るマシーンと化し、教育されたセールスマン達が、展示場戦略に加え、人海戦術を駆使して、これでもかこれでもかと売り込みを懸けてきます。

それで手に入れたマイホームが、果たして本物の暖かい家(住宅)なのでしょうか?

検証していきたいと思います。

1.本物の暖かい家とは?

「本物の暖かい家」とは、どんな家か?とお考えになった事はありますでしょうか?

各部屋毎及びホール等に暖房器を設置して全館を暖かい家にするというのは、一昔前の隙間だらけの住宅でも充分ではありませんが可能でした。

現時点での「本物の暖かい家」とは、そういう家を言っているのではありません。

省エネで、全館空調で、各部屋の床・壁・天井の温度が殆ど同じ温度になり、快適な癒やしの空間を手に入れる事の出来る家、これが本物の暖かい家」なのです。

昨年秋に、お引き渡しをしたD様は、10年越しに私共の内覧会にお越し頂いているご夫妻ですが、いざお家を建て替えようと考えた時に、暖かい家を希望されたそうです。

量産ハウスメーカーの展示場がある三川町、その他地場の工務店、ビルダーの展示場・内覧会に足を運んでは、善し悪しを判断する為に見て歩いていたそうです。

しかし、先程も申し上げた通り、どこの住宅も暖かくて、どこの住宅が一番良いかの判断が出来なかったと申しておりました。

そこで、どうされたと思いますか?

土地を選択するときには、「雨の日に見に行きなさい」と良く言われます。

建物を選択するには。一つ目は「冬場の寒いときに「構造見学会」を行って、エアコン1~2台暖かくなる家」(家の大きさによって違いますが、50坪位迄の建物でしたら100Vの電源で2.8KW(約10畳用)のエアコンで全館暖かくなります!)を選択する。

二つ目には、「冬場に実際住まわれているお宅を内覧させて頂き、建てられた住宅に住んでいる方の生の声を聞くことです。

とおっしゃっておりました。

床暖房しているから暖かいだろうと想像して行った奥様の仕事仲間のお宅、格好良さを前面に出して受注を増やしている地場ビルダーで建築した親戚の家、どちらも寒くてガッカリして帰ってきたD様ご夫妻。

結局、構造見学会でも暖かさを確認し、建てて住んでいる方の生の声を聞き、実際体感もされて、D様ご夫妻が決めた業者は、量産ハウスメーカーでも地場のビルダーでもなく、一介のちっぽけだけれども、良い家を創ることに拘り続けている工務店です。

2.床・壁・天井の温度を測定した事はありますか?

「本物の暖かい家」はどうしたら創ることが出来るのでしょうか?

それは、床・壁・天井・開口部から熱を逃がさないようにする事です。

更に詳しくはプロが教える暖かい家を創る5つのポイントをクリック!

更に、更に具体的にお知りになりたい方は、お問合せフォームよりお問合せ下さい。

更に、更に、更に具体的にお知りになりたい方直接ご来社下さい。

ご都合のよろしい日時下記予約フォームにてご予約下さい。

>>>>>>>>>ご来社予約フォームはこちら!

3.体感温度はご存じでしたか?

体感温度はご存じでしたか?

上の図をご覧下さい。体感温度は又、下記の式でも表すことが出来ます。

体感温度(℃)=床温度+壁温度+天井温度+室内温度/4と表します。

体感温度は快適温度とも言われる重要な指標です。是非内覧会場で温度計(温湿度計でも可)を借りて,床・壁・天井・室内温度を測定して見て下さい。

床・壁・天井・室内温度に温度ムラ(温度差)がない家ほど快適なのです。

通常、隙間だらけのお家では、床が冷たく天井に近づけば近づくほど温度が高く、「モア」とした暖かさなので不快に感じるのです。

4.【夢はリーズナブルで省エネ!全館空調で快適生活!】

外皮平均熱貫流率(Ua値)が、0.6w/m²・k以下のお家(所謂Z値基準以下)になりますと、ほぼエアコンで全館空調が可能になります。

Ua値の値が小さければ小さい程、省エネ性が高くなることはお解り頂けますでしょうか?

そうです。

暖まった暖気や冷たくされた冷気が逃げにくい状態になっているからです。外皮平均熱貫流率(Ua値)はその名の通り、建物の熱の逃がし難さを表す数値で、その値を向上させるには、躯体性能(床・壁・天井・開口部の性能値)を上げる事が重要なのです。

Ua値だけでは、省エネで快適なお家を手に入れることは出来ません。

もう一つ大事なポイントは、気密のレベルです。

1棟1棟確実に気密測定をし、最低でも0.7cm²/m²以下の隙間相当面積を確保する事が大事です。

5.まとめ

如何でしたでしょうか?

省エネ志向のあなたが快適で省エネなお家を手に入れる方法を見つけれる事が出来たでしょうか?

今少し、解ったようで解らない点がお有りでしたら、ご遠慮なく下記お問合せフォームより、お問い合わせ下さい。

お問合せはこちら!