【良くある質問Q&A】⑥どうして耐震等級3の家を建てなきゃいけないの?

1.はじめに!

山形県|酒田市|鶴岡市注文住宅新築をお考えの方は、対震等級3省エネ等性能等級4(断熱等性能等級4)を目途にリフォームリノベーション工事での耐震改修断熱改修をお考えの方は、耐震診断(一般診断法)長期優良住宅リフォームによる改修等々を行い、地震にも強く健康で省エネ、何があっても安心できて、居心地の良い住空間で過ごしてみたいと思いませんか?

最近、日本全国あちこちで、震度3から4クラスの地震が発生しております。地震の規模が小さいと言う事もあるかもしれませんが、「自分の所だけは、大丈夫だ!」と内心何も根拠も無いのに、変な安心感を思っている方、本当に震度7クラスの地震が、この地に発生したら、どうなるかお考えになった事がありますでしょうか?自分の所だけは「大丈夫だ」で済むでしょうか?

平成28年4月に発生した熊本地震のように、震度7の地震が2度来る事もあるのですから、そんな時を想定して耐震補強をし、上部構造評点1.0以上、出来れば1.5以上の家なり、耐震等級3の住宅を創り、安心な生活を手に入れたいとは思いませんでしょうか?

2.耐震等級とは?

耐震等級とは住宅の品質確保の促進に関する法律(品確法)の中で、住宅の耐震性能をランク付けした等級のことです。住宅性能表示制度の「構造の安定に関すること」の項目で、等級1(一般的な住宅の耐震性能)、耐震等級2から等級3まで3段階で表示されています。耐震等級1は、建築基準法レベルの耐震性能を満たす水準とし、等級2はその1.25倍、等級3は1.5倍の強さがあることを示します。

更の等級毎にまとめてみますと

■耐震等級1=建築基準法(法律)にて定められている、最低限の耐震性能。

・数百年に一度程度の地震

・(震度6強から7程度)に対しても倒壊、崩壊しない程度。ただし、大規模修繕や建て替えとなる可能性がある。

・数十年に一度発生する地震

・(震度5程度)は住宅が損傷しない程度

■耐震等級2=建築基準法の1.25倍の耐震性

・建築基準法レベルの耐震性能の1.25倍の地震に対して倒壊、崩壊しない程度

震度6強~7の地震でも、一定の補修程度で住み続けられるレベル
※学校や避難所といった公共建築物に等級2が多い。

耐震等級3=建築基準法の1.5倍の耐震性

・建築基準法レベルの耐震性能の1.5倍の地震に対して倒壊、崩壊しない程度

・建築基準法レベルの耐震性能の1.5倍の地震に対して損傷しない程度

震度6強~7の地震でも、軽い補修程度で住み続けられるレベル

※消防署や警察署といった災害復興の拠点となる防災施設に等級3が多い。
参照:地震などに対する強さ(構造の安定) | 一般社団法人 住宅性能評価・表示協会

※耐震等級の取得には申請が別途必要ですが、耐震等級が証明されれば、地震保険料の優遇(等級3で50%)、フラット35利用時の金利優遇、贈与税の非課税枠の増枠などが受けられます。また、長期優良住宅とすれば、住宅ローン控除・不動産取得税・登録免許税・固定資産税などの税制優遇が受けられます。

3.熊本地震のような震度7クラスの地震が2度来ても住めるような家とは?

前の項でも述べさせて頂きましたが、耐震等級1、耐震等級2、耐震等級3のレベルでは、かなり大きな違いが見えてきますが、お解り頂けましたでしょうか?

耐震等級1では、命の危険性は回避されますが、住まいとしては、2度と住み続けることは出来ないレベルなのです。

実際に熊本地震地震の後に現地に赴き、建物の調査をし、被災された方のお話しを聞いた方のセミナーでのお話しでは、耐震等級1の家に住まわれていた方は、住宅ローンの残債も残り、その上建物の解体をし、新築住宅を建築するとなると、莫大な負債を抱えてしまうので、どうしようかと悩んでいる方が多くいらっしゃったそうです。

片や、耐震等級3で建てられた建物は、殆ど何も無かったかのように、燦然と建っているのが印象的でした。30万円~50万円位のご予算で、耐震等級1の建物が耐震等級3の建物に変わるのです。(構造用合板、釘、金物等を使用)

熊本地震のように震度7クラスの地震が,続けて2度来ても、その後も住み続けられる、そんな耐震等級3の建物を,是非新築する時に、ご検討下さい。

今住んでいる住宅が、どんなレベルの耐震等級かも分からない方、耐震等級1、耐震等級2の方共々、今一度「耐震診断」をしてみては如何でしょうか?

4.まとめ

如何でしたでしょうか?地震国の我が国、至る所に活断層がある当地方でも、”備えあれば憂い無し”です。是非、このサイトをご覧頂いた方々お一人お一人が、ご自分の住まいの現況を把握されて、耐震改修が良いのか、お建て替え、新築が良いのかをご判断出来れば幸いです。以下に、今回述べさせて頂いた点をまとめます。

熊本地震のような大きな地震(震度7クラスの地震が2度来た)にも大丈夫な家とは?

1.耐震等級1の建物は、命の危険性はないが、2度と住み続ける事は出来ない。

2.耐震等級3の建物は、命の危険性もないし、建物も住み続けることが出来る。(耐震等級2の建物も命の危険性はないが、住み続けるにはかなりの出費を覚悟)

3.現在お住まいの住宅は、耐震診断を早く行い、耐震改修を行う事が大事です。

 

その他こちらの記事もお勧めです!