【ここまでするの!?】|北海道仕様「安らぎの家」はここまでします

山形県酒田市の北海道仕様「安らぎの家」はお引き渡しの前に厳しい測定を行っています。

室内環境測定

シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドなどの有害な化学物質の濃度を測定するため、また”1年中春のような空気環境”を証明するために「バッジ式」による室内環境測定を行います。

 

 

風量測定

高断熱高気密住宅の命「換気システム」

汚れた空気を取り除き、新鮮な空気を取り入れるための”計画換気”は不可欠です。設計通りの換気がなされているのかの測定を行います。

 

気密測定 相当隙間面積(C値)

断熱材に熱伝導率(C値…住宅に隙間がどのくらいあるかを数値で表したもの)の小さい、良い断熱材を使って厚く施工しても、隙間だらけの家はそこから熱(暖気・冷気)が逃げていってしまいます。

気密と断熱は表裏一体で、高断熱・高気密住宅には重要な要素です。

全棟気密測定をする業者をお選び下さい。

安らぎの家はこの3つの厳しい測定を全棟行っています!

間違いない住宅を創る“施工技術力”と“ノウハウ”が無ければ、高気密・高断熱で暖かい高性能住宅を作ることはできません。

一年中快適な「北海道仕様の家」
資料請求はこちらからどうぞ

お電話でのお問い合わせも
受付しております。